生け込み

生け込み(いけこみ)とは

●「生け込み」と「装花」と「フラワーアレンジメント」
「生け込み」という言葉は
花の業界では当たり前に使われているのですが、一般的にはあまり聞き慣れないかもしれません。
でも、きっとどこかで目にしたことのあるものだと思います。
例えばホテルや旅館のロビーに飾られていたり、レストランや料亭でも入り口やホールに飾られていたり、クリニック、はたまた洋服屋さんなどアパレル関連でも、その他花とは関係ないと思われる様々な業種で使われているからです。
「生け込み」は、かなりざっくり言ってしまうと、前述のようなお客様が訪れる場所に飾る「フラワーアレンジメント」の一種。
ちなみに、結婚式でテーブルやチャペルなどに飾られている花は「装花(そうか)」と呼ばれています。
こちらも「フラワーアレンジメント」の一種。
つまり「フラワーアレンジメント」は総称であり、その中でも用途によって細分化されていて呼び名も変わるのです。

kurumiが特化しているのはフラワーアレンジメントの中でも「生け込み」。
それでは「生け込み」をもっと、詳しく説明していきましょう。

生け込み:白とグリーンの花を集めてモダンに。
<生け込み>置く場所の雰囲気に合わせた花で演出。

●生け込みとは
店舗、クリニック、オフィス、ホテルロビー、イベント会場、個人宅など、ご依頼のあった場所にお花等の材料を持って出張し、その場で生ける方法です。お水を入れた壷などに生ける事もあれば、吸水性スポンジにアレンジする事もあります。

定期的な生け込みで毎回同じ花瓶や壷などの花器に生ける場合や、枝物など大きな花材を使用するなど、器の代替品が無い、または移動が困難なデザインなどにこの方法が使われます。
直接お伺いして作業をする事によって、雰囲気や大きさを調整できるので、より一層その空間にふさわしいデザインが生まれます。

生け込みの用途や期待できる効果として

  • お客様を歓迎する意思を感じていただく
  • 季節感
  • 空間にふさわしいインテリアコーディネートの一つとして
  • きちんとしたイメージにしたい
  • 訪れた方に、非日常感、癒しを与えたい
  • 定期生け込みの場合、訪れる度に換わる花への期待
  • 訪れた方が記念写真を撮りたくなる場所として
  • 共に働くスタッフの労働意欲の向上

などが考えられます。
これは実際に包kurumiのクライアント様からいただいたご意見や感想を参考にさせていただき、ピックアップしたものでもあります。

ギャラリーページに参考写真があります。合わせてご覧ください。

包Kurumiの生け込み

一連の行程を専属デザイナーが担当。
kurumiは一人で運営しています。
ですので、必然的にクライアント様の専属デザイナーとなります。

花材の仕入れ、デザイン、生ける。
一連の行程を一人でこなすのです。
かつての経験から学び、これをやりたかったが為に、包kurumiを始めたようなものです。
多くの花屋では、これらの行程ごとに担当者が異なり、クライアント様のご意見をそれぞれにうまく伝えきれない場合があります。
もしくは花屋側の内部事情により担当者がコロコロと変わったりするなど、クライアント様の不安要素となってしまっている部分があると思います。

また、専属デザイナーがお伺いすることで、クライアント様と長くお付き合いできるので、お好みや雰囲気をより深く理解することができます。
飾られる花達は時間と共に、よりクライアント様に寄り添った安定したデザインへと進化していくのです。
一連の行程を一人でこなすのは生産性が低い事かもしれませんが、クライアント様にご満足いただくベストな方法だと考えています。

ギャラリーページに参考写真があります。合わせてご覧ください。

<用途>
飲食店、アパレル、クリニック、美容・・・など各業種の店内や入口など。
オフィスの受付、応接室など。
ホテルや旅館などの宿泊施設のエントランス、受付、エレベーターホールなど。
個人宅の玄関、リビングなど。またホームパーティーで数か所に渡り花を飾って演出したい方など。
商品発表会、展示会、パーティー、撮影、などのイベント会場など。


その空間にふさわしく、鮮度の良い素材。
この場所だから。
それぞれの空間にふさわしい花材や大きさやデザインがあります。
それらをベストな状態に仕上げるために、ご依頼の場所に花材を持って出張し、その場で花を生けます。
もちろん花材は、生け込みのタイミングに合わせ、且つ、その空間にふさわしいものを仕入れています。
仕入れたばかりの鮮度の良い花材、そしてその空間だけの為にしつらえたデザインをご堪能ください。
所要時間は約一時間です。(ボリュームにより異なります)

状況により、現場での作業が困難なクライアント様もいらっしゃるかと思います。何らかの解決策はあるものです。
お問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。


●メンテナンス
生花という性質上、劣化は避けられません。

常に美しい状態を保つ為にメンテナンスをお勧めしております。
1週間~10日のサイクルでお花のお取替えにお伺いしておりますが、素材によっては生けた状態を維持する事が難しい花もあります。
黄片した部分を取り除いたり、お水の交換(花瓶や壷などの水生けの場合)をする事により、美しい状態を維持することができます。

劣化が激しい場合は新しい素材と交換。
1サイクルで2回お伺いするので、デリケートな花材の使用も可能になり、より幅広い表現が可能になります。

メンテナンスの所要時間は約40分です。(ボリュームや生け方により異なります)


●個人宅の生け込み

  • 花は飾りたいけど、飾り方がわからない。
  • 忙しくて管理できない。
  • お客様が多いので、お花でおもてなしをしたい。
  • 自宅でも花や緑で癒されたい。

と言う方にオススメです。
「え?個人宅にも生けてくれるんですか?」とよく驚かれますが、もちろんお伺いします。
常に「生花」を飾るには、理想と現実のギャップに打ちのめされ諦めてしまう方が多くいらっしゃいます。

  • 花を買いに行く→何を買っていいかわからない。
  • 花を飾る→花瓶との相性やバランスがわからない。
  • 花のメンテナンス→忙しくてできない。

乗り越えなくてはいけない壁が多くて、諦めてしまうのですよね。
そんな悩み多きご依頼主様に代わって包kurumiが、季節のオススメ素材を心を込めて生け、メンテナンスへもお伺いします。
花からエネルギーをもらって、一人でも多くの方に心豊かな暮らしを送っていただく事は包kurumiの願いでもあります。

バラやガーベラなどの花以外に、枝物(えだもの)なども取り扱っています。枝物は季節感もあり、モダンな雰囲気をご希望の方にオススメです。


●出張生け込みプラン価格表

プラン名    メンテナンス付きAプラン メンテナンス無しBプラン イベントCプラン
こんな方におすすめ 定期的に生花を飾りたい。常に最良の状態をキープしたい。 定期的に、かつリーズナブルに生花を飾りたい。 単発で短期間だけ生花を飾りたい。
花代(1サイクル毎) 5,000円~ 3,000円~ 10,000円~
技術料(1サイクル毎) 8,000円~ 5,000円~  10,000円~
ご訪問
サイクル
一週間~10日程度(個別にご相談) 単発
生け込み
メンテナンス △オプション
生け込みの
所要時間
約60分~
出張料

別途必要・別表参照
(神奈川県横浜市 中区、西区、南区、港南区、栄区、磯子区は無料)

内容

ご希望により一週間~10日を1サイクルとして、継続的にご利用いただくプランです。1サイクルに2度伺います。1は新しい花で生け込み、2度目は傷んだ花のメンテナンス又は交換、水の補充又は交換をします。花を常に最良の状態にキープする事ができます。

ご希望により一週間~10日を1サイクルとして、継続的にご利用いただくプランです。1サイクルに1度伺います。1サイクルに1新しい花で生け込みをします。花の日保ちが難しい夏場のみ、メンテナンス付きのAプランに変更する事も可能です。

パーティや展示会などのイベント会場や、セミナー会場など、短期でご利用いただくプランです。展示期間が3日間を超える場合は、途中でメンテナンス(オプション)を行うことをおすすめいたします。

備考

●花代の他に技術料と出張料が必要です。
●花代はご予算とご希望内容によりご相談ください。
●技術料はご希望内容の難易度により変動する場合があります。
●花器をお持ちであれば、花器のデザインを活かして生け込みます。
●花器をお持ちでない場合は、雰囲気にあった花器を無料でレンタルいたします。(万一破損された場合は実費をいただいております) 
●店舗やオフィスだけでなく、一般のご家庭でもご利用いただけます。
●花代は無店舗のメリットを活かし、コストダウンした価格設定となっております。
2015年11月1日現在 ※表記の料金は税込です。

    *   

 


●出張料金

神奈川県横浜市
中区、西区、南区、港南区、栄区、磯子区

無料
 上記以外の横浜市内、 2,000円(税込)/1回
神奈川県川崎市、鎌倉市 3,000円(税込)/1回
東京都23区 4,000円(税込)/1回
その他の地域 お問い合わせ下さい→お問い合わせフォーム

 


●ご利用までの流れ ~包kurumiの生け込みを初めてご利用いただくお客様~

【定期利用】
<1>お問合せ
まずはお問合せフォームにて必要事項をご記入の上、ご連絡ください。
日時を決め、打ち合わせにお伺いします。→お問い合わせフォーム
<2>打ち合わせ
花を飾る場所を拝見させていただき、ご希望やご予算をお伺いした上、デザインをご提案します。

その際<3>の選択肢からスタート方法をご選択いただきます。
<3>包kurumiよりデザインのご提案いたします
打ち合わせ時に大まかなデザインをご提案させていただきますが、はじめてご利用いただくお客様は不安があるかと思います。

安心してご利用いただくために、下記の2つの方法からご選択いただきスタートしております。
①ラフスケッチでご提案
定期ご利用を前提に初回から確実にイメージ通りの花を飾りたい方にオススメです。どんな花を使ってどんなデザインの花を活けるのかをイメージしていただく為に、ラフスケッチでデザインを数パターンご提案します。(無料)
ご提案させたいただいた中からお好きなものをお選びいただき、デザインを決定してから生け込みにお伺いします。

二回目からは、お話を伺いながらデザインをすり合わせ、よりイメージに近いものにしていきます。
②おまかせでご提案
まずは花を飾って試してみたい方にオススメです。

最初の打ち合わせで包kurumiがイメージした花を生けさせていただきます。
花に詳しくない方でも雰囲気を体感していただく事ができると思います。
一週間飾っていただいた後、ご意見を伺わせていただき、継続されるかご回答いただきます。
継続のご回答をいただきましたら、二回目からはお話を伺いながらデザインをすり合わせ、よりイメージに近いものにしていきます。
<4>定期生け込み開始
打ち合わせ時に決定した曜日、時間に定期的に生け込みに伺います。

イベントや季節に合わせたイレギュラー対応もさせていただいてます。(桜、クリスマス、お正月など)
その都度ご相談ください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

【スポット利用】
<1>お問合せ
まずはお問合せフォームにて必要事項をご記入の上、ご連絡ください。
必要に応じて、日時を決め打ち合わせにお伺いします。→お問い合わせフォーム
<2>打ち合わせ
可能であれば花を飾る場所を拝見させていただきます。
イベント会場を借りている・・・などの理由で直接拝見させていただく事が不可能な場合、会場のパンフレットや写真をご用意いただいております。
広さや花の仕上がりサイズや雰囲気などのご希望、ご予算をお伺いした上、デザインをご提案させていただきます。
もし、飾りたいご希望の花器がありましたら、現物か写真を拝見させていただきます。
花器をお持ちでない場合は、無料でレンタルいたします。(万が一破損、紛失された場合は実費を頂戴しております)
<3>包kurumiよりデザインのご提案いたします
打ち合わせ時に大まかなデザインをご提案させていただきますが、よりイメージを明確にしたい。という方には、ラフスケッチや使用素材の写真を使ってご提案させていただきます。(数日お時間をいただく場合がございますので、日にちに余裕を持っていただいております)

<4>メンテナンス
イベント期間が長期に渡る場合、メンテナンスをお勧めいたします。

季節や会場の環境、使う素材によっては、1日でもダメージを受けるものもあるからです。
メンテナンス対応は<2>の打ち合わせ時にご相談ください。
一日限りのイベントの場合はメンテナンスは不要です。
<5>撤去
花器レンタルをご利用された場合、期間が終了しましたら撤去に伺います。

使用後のお花はお持ち帰りいただけます。
花を小分けし束にしたり(簡易包装)、袋詰め作業などのオプションもございますので、会場にいらした方々にお配りしたい。などのご希望がありましたらご相談ください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。